笑う犬のファンサイト Fan site of the Dogs

笑う犬のファンサイト

笑う犬のファンサイト

10年程前、日曜夜は笑う犬を見てました。お休みの最後を楽しく締めくくるにふさわしい番組でしたね。番組最後のマドモアゼル★ゆみこの「水平ーリーベー僕、波平ッ!!」で牛乳吹いたのはいい思い出です。また休日のゴールデンタイムに笑う犬のようなコント番組が見たいなーと常々思います。

笑う犬』(わらういぬ)とはフジテレビが放送した1998年から始まった『笑う犬の生活』から2003年の『笑う犬の太陽』まで放送し2008年から特別番組として放送しているコント番組である。本項ではそれら全ての番組を取り扱う。略称「笑犬」(わらいぬ)。

番組内容及び沿革

笑う犬の生活-YARANEVA!!-

1998年10月14日 - 1999年9月29日

水曜23:00 - 23:20

  • 1998年10月、ウッチャンナンチャンの内村光良の「純粋コント番組を作りたい」の一言で始まった番組が『笑う犬の生活-YARANEVA!!-』。「純粋コント番組」というコンセプトのためか、ロゴも「笑う」が大きく表示され下に小さく「犬の生活」さらに小さくその下に「-YARANEVA!!-」が付いていた。
    • 2000年12月31日のフジテレビ大晦日特番での内村と志村けんの 対談で、内村は「5、6年前自分と志村は一度飲み屋(スターバー)で偶然会い、その時志村に言われた「あなたはコントで出てきたんだから、コントを続けな さい」という言葉を胸に『笑う犬』を立ち上げた」と番組制作のきっかけを明かしている。しかし志村は「自分はその時、既に泥酔状態だったので自分の言った 事を覚えていない」と返したため、内村は倒れこんでしまった。ただ、志村は「(泥酔状態だから)嘘は言ってない」と続けている。
  • タイトルの「笑う犬の生活」は座長内村の敬愛するチャーリー・チャップリンの『犬の生活』(1918年公開。アメリカ映画)から。
  • サブタイトルの「YARANEVA!!」は以前ウッチャンナンチャンが同じフジテレビでやっていた番組『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!』から。不慮の事故で終わってしまったこの番組への想いがあり、内村の相方・南原清隆に許可を貰って付けられていた。
  • 当初考えられていたタイトルは「JAPAN大爆笑」だった。当番組がスタートする際、当時のテレビ雑誌に仮題タイトルとして載せられていた。
  • 『笑う犬の生活』のメンバーは内村、まだ若手だったネプチューンの3人、オセロの中島知子と女優の遠山景織子。内村の相方・南原は「自分はメンバーに内緒で番組のマスコットキャラクター・青い犬の着ぐるみに入って初回から参加していた」とコメントしたことがあるが、冗談なのか真実なのかは不明。
    • 番組のマスコットキャラクター・青い犬の息子が現在フジテレビのマスコットキャラクターのラフくんである。
  • 当初のエンディング曲は、宇多田ヒカルのデビュー曲『Automatic』。コントで中島がプロモーションビデオのパロディを演じたこともある。なお、オープニング曲であるショッキング・ブルーの『ヴィーナス』はシリーズを超えて使用されていた。
  • エンディングで内村が、この番組の次に放送される『ニュースJAPAN』のキャスター(当時)・安藤優子に 扮してミニコントをし話題に。この「安藤さん」が終わった後すぐに『ニュースJAPAN』の生予告に接続されるため、いわゆる「一方的なコラボレーショ ン」であったが、安藤も報道フロアのモニターからそれを見ていて必死に笑いを堪えており、それがきっかけで2人は親しくなった(1999年2月17日放 送の回で、「安藤が怒っている」と聞いた内村が「安藤さんのモノマネを止めようかな…」と発言した際、安藤がゲストとして突如出演。「私、あんな変な顔し てますか?」と言いつつも、好意的に受け止め、「ニュースJAPANの予告で私が笑ってしまうまでは続けて構わない」と、安藤からお墨付きをもらえた)。 そこから交流が始まり、『笑っていいとも!』のテレフォンショッキングに出演した際には互いに花を贈り合っていた)。
    • たまに原田扮する木村太郎も登場した。
    • 1998年10月28日の回では「安藤さん」を終えた直後に本家の安藤が、生予告で「今のは偽者本物はこの後のニュースJAPANで」とアドリブで返した事がある。
    • 1999年2月10日の回では安藤が風邪で欠席のため、「安藤さん自粛中」の映像で押し通した。また、自粛した回は白黒の安藤(内村)の静止画像に続いて川端健嗣が「ウッチャン、安藤さん怒ってますよー」と言うやり取りがあった。
    • 稀に『ニュースJAPAN』に大物政治家がゲストとして出演した際、「安藤さん」の後の微妙な空気の中でゲストの政治家が映し出される場面も見られるなどハプニング性のあるコーナーであった(その中でも、1999年3月10日に石原慎太郎がゲスト出演した日は「今日はそういう場合じゃありません」と少々引きつった表情で生予告していた)。
    • 『生活』後期になると「安藤さん」に代わって他のコントのキャラクターが登場するようになるが、「安藤さん」ほどのインパクトや笑いは得られなかった。
    • このスタイルは放送時間が移動し『笑う犬の発見』にリニューアルした際、エンディング時に後番組の『発掘!あるある大事典』のパロディーを行った点に引き継がれているが同番組の予告は事前収録のため各回のハプニング性では本家に及ばなかった。
  • 23時からの深夜番組でありながら高視聴率をたたき出し、1999年6月にはゴールデンタイムでのスペシャルが放送された。この際は、ゲストとしてエンディング担当の宇多田が青い犬の着ぐるみを着て登場。当時は人気が社会現象化しメディア露出が稀だったため話題となった。この時は堀内健が着ぐるみの中身を知らずにドロップキックなどをしたため、内村が必死でフォローしていた。

笑う犬の冒険-SILLY GO LUCKY!-

1999年11月21日 - 2001年9月16日

日曜19:58 - 20:54

  • 1999年10月に異例の速さで日曜夜8時のゴールデンタイムへ進出、番組タイトルが「生活」から「冒険」に変わる。バレーボールワールドカップの為、スタートが11月にずれ込む。
    • なお移動にあたり、それまで日曜夜8時枠の番組(『ダウンタウンのごっつええ感じ』→『日曜ビッグウェーブ』→『ハッピーバースデー!』)の予告タイムだった夜7時58分 - 夜8時00分の枠も吸収し、夜7時58分からのフライングスタートとなった。以後現在の『爆笑!大日本アカン警察』に至るまで、フジテレビの日曜夜8時枠の番組はフライングスタートとなっている。
  • 初回放送は2時間スペシャルで、新メンバーとして南原、ビビるが加わった。
  • 2000年3月に番組出演者・スタッフの不祥事により同年5月までこの当時、日曜夜8時枠の筆頭スポンサーだったP&Gを含め(ほかに日清食品・小林製薬→キリンビバレッジ・フジパン・ブルボン・NISSANほか)表向きスポンサーなし、番組内のCMのみは従来通りだった。ただ、『冒険』休止時のアニメスペシャルやナイター中継は従来通り表示した。
  • 番組が以前『ダウンタウンのごっつええ感じ』が放送されていた枠に移ると決まった時、座長・内村は「やっぱ、ごっつの後をやるなら松ちゃん(ダウンタウン 松本人志)に一言聞きたい。聞いて、そういうのがOKだったら僕はやれるけど、そうじゃないとやっぱ出来ない」と最後まで反対していた。しかし松本は「いや…それは全然…かまへんのんちゃうん?」と許可したため、晴れて日曜20時に『笑う犬の冒険』が始まった。
  • 冒険以降の構成作家として宮藤官九郎も参加、『太陽』ではコントにも出演。
  • この時期はパロディコントは行われず、火曜日への移動と共に頻繁にやるようになった。
  • 2001年4月に遠山の出産による卒業とともにメンバーを大幅増員。土田晃之・与座嘉秋・杉崎政宏・ベッキー・松尾れい子・大谷みつほが加わる。

笑う犬の発見 Go with flow!

2001年10月14日 - 2002年9月15日

日曜19:58 - 20:54

  • メンバーを大幅に削減。ウンナンとネプチューンで作る『笑う犬の発見』となった。他はベッキーのみ残留し、優香がメンバー入りする。
  • この辺りから、番組当初の概念が少しずつ変化。コント作品の「量より質」を重視するためコントを減らし、ゲームコーナーが中心になる。途中で「機関車ナーマス」が打ち切りになったが、代わりに「ニコニコプンスカハムえもん」や「ホリケン★サイズ」などのコーナーが誕生。
  • 座長・内村は「作り込んだコントが好き」「作るならちゃんと作りたい」と望んでいたが、『発見』後半の2002年にはバラエティとドラマでレギュ ラー7本。『発見』にも殆ど参加出来ない回があった。当時ゲッソリ痩せ、かなり多忙だったと思われドラマ共演者からは「いつ寝ていつセリフを覚えているの か?」と言われていた。

笑う犬の情熱 Gonna go crazy! Funky Dogs

2002年10月13日 - 2003年9月28日

日曜19:58 - 20:54

  • 2002年10月、『笑う犬の情熱』にタイトルを変更。内村は当初、「笑う犬の出産」というタイトルを考えていた。
  • 開始当初コントは『生活』『冒険』、ゲームコーナーは発見のスタイルと過去の「笑う犬」シリーズの集大成といえる要素が多かったが『生活』『冒険』『発見』のころのようにキャラクターが定着せず、視聴率もしだいに下降していった。
  • 日曜20時台は特番枠を3ヶ月放送された後、2004年1月から火曜バラパラ枠に放送した「ジャンクSPORTS」が始まり暫くバラエティー番組は放送されなかったが、2010年4月から土曜19時台に放送した「爆笑レッドカーペット」が入ることになり再びバラエティー番組になる。

笑う犬の太陽 THE SUNNY SIDE of Life

2003年10月14日 - 12月9日

火曜20:00 - 20:54

  • 2003年10月、幾たびのリニューアルを経て日曜から火曜に『笑う犬の太陽』として放送日が移動。当初は「笑う犬の散歩」というタイトルを考えていたらしい。
  • しかし、視聴率は更に低迷を続けた。局内を歩く芸能人の私服チェックをするコーナーを放送するなど、「笑う犬」シリーズの特色はかなり失われていた。ワールドカップバレーボール2003やスペシャル番組の乱発で僅か放送7回で『太陽』は打ち切りとなり、「笑う犬」の全シリーズが放送終了。
  • なお同年の12月31日(大晦日)に放送された『2004年夜明け前!さよなら去年まで祭り』の中で、今までの主なコントが披露された。

笑う犬2008秋

2008年9月30日

火曜22:30 - 23:24

  • 「笑う犬」シリーズが終了から5年後の2008年9月に1時間の特番として復活した。視聴率は12.4%(関東地区)
  • 『生活』当時のメンバーに加え、内村が主宰している「THE THREE THEATER」から柳原可奈子・はんにゃ・狩野英孝・我が家を加えて人気コーナーのコントを中心に放送された。『生活』のメンバーの中では2001年4月に「笑う犬」シリーズを卒業した遠山景織子も7年ぶりに出演した。また「はっぱ隊」には2002年に芸能界引退のためレギュラーを降板した大内登(元ビビる)も出演した。
  • 「THE THREE THEATER」から出演している芸人は、それぞれ別の事務所に所属している。各事務所から1組ずつ芸人が出演。吉本興業からはんにゃ、ウッチャンナンチャンが所属しているマセキ芸能社からは狩野英孝、ネプチューンが所属しているワタナベエンターテインメントからは我が家、太田プロダクションから柳原可奈子が出演している。
  • 「太陽は今も知っている」にははんにゃがナンパした女の子としてスザンヌと中上真亜子が出演した。
  • 『生活』の時と同じくOPはショッキング・ブルーの『ヴィーナス』、EDも宇多田ヒカルの『Automatic』だった。
  • 番組の最後には『ニュースJAPAN』のパロディも復活。内村が滝川クリステルならぬ「滝川クリス・テル」に扮し生予告のパロディを行ったが、その後すぐに本物の生予告は接続されずCMと翌日放送の番組の予告が間に挟まれた。
  • 元々は「笑う犬のメンバーで(笑う犬とは別の)新作コントDVDを作る」という企画が発端であり、正式に「笑う犬」として制作することは後から決 まった。テレビ放送も急遽決まったものでDVD販促という面が強く、収録したコント全ては放送されなかった。同年12月には、全ての収録分が収まった DVDが発売された。
  • レギュラー放送時はモノラル放送であったが、この回よりステレオ放送に切り替えた。

笑う犬2010寿

2010年1月6日

水曜22:00 - 23:14

  • 復活後から約1年3ヶ月後の2010年1月6日に放送された。視聴率は14.6%(関東地区)
  • 『2008秋』とは異なり若手芸人は不参加。南原とビビる(大内は前回に続き「はっぱ隊」のみ参加)、末期の追加メンバーだったベッキーを含め『冒険』時代のオリジナルメンバーでの制作となった。
  • 吉田正樹によるとテーマは「2人のコント」であり、前回の『2008秋』では内村と南原はそれぞれ別々のコントで一切共演がなかったが、今回は一緒に共演しているコントが多く製作されている。
  • 「あの人は今」でのコントではテリーとドリー・大嵐浩太郎・ダディとマイサン・ひろむちゃん、そしてエンディングの本コントには『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』(日本テレビ)に登場していたホワイティがゲスト出演した。
  • 『2008年秋』と同様、未放送コントを収録したDVDが発売された。

笑う犬2010〜新たなる旅〜

2010年10月5日

火曜日22:00 - 23:24

  • 前回の放送から9ヶ月後の2010年10月5日に放送された。視聴率11.2%(関東地区)
  • 今回の放送では若手芸人も参加し我が家から坪倉・谷田部(杉山は骨折の為不参加)、柳原可奈子と笑う犬初参加のアンジャッシュも出演したが、前回と前々回も参加していたレギュラーメンバーの中島知子が出演しなかった。
  • ショートコーナーとして「全力坂」をコントキャラクターに扮して行う「全力キャラ坂」が行われた。
    • はっぱ隊(南原・大内のみ)・大嵐浩太郎・トラだもんが走った。
  • 今回も、未放送コントを収録したDVDが発売され、12月12日には同DVDのPR番組が放送された。
  • しかし、これを最後に放送された実績がない。

その他

ゴールデン昇格を記念して3週にわたって『笑う犬のアーリータイムス』と銘打った総集編も放送された(1999年10月30日・11月6日・20日)。また、『太陽』終了後は「笑う犬」シリーズレギュラーのメンバーを中心とした単発のコント番組が数本放送された。

再放送
2005年11月3日から、2010年7月24日まで「笑う犬」シリーズがフジテレビTWOで再放送されていた。2007年10月23日分からは出演者であったユウキの不祥事と2002年にビビる大内が芸能界を引退したことによりオープニングをカットし、ノンストップでコントを放送する形になった。また、コント「ザ・センターマン」は編集によりカットされている
PTAの評価
「子供とメディアに関する意識調査」内「親が子供に見せたくない番組」(日本PTA全国協議会主催)
  • 2002年度「笑う犬の情熱」:5位
  • 2003年度「笑う犬の太陽」:5位

笑う子犬の生活

『冒険』と同時期に、兄弟番組として『笑う子犬の生活』も放送されていた。

1999年10月 - 2001年9月 火曜1:35 - 2:05

  • 出演:赤さん、ビビる、バナナマン、次長課長、品川庄司、ホーム・チーム、U-turn、ガレッジセール、TIM、バカリズム、乾貴美子、コージー冨田、原口あきまさほか

コメディアンを目指すの方へ

面白犬動画

    △このページのトップへ

    Copyright c ksu-jpn.jp All Rights Reserved.